So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

洞口依子 夫 [芸能]

「ノリ」




洞口依子さんを見ると、どうしてもこの呼び名を思いだす。



そう


ドラマ「愛という名のもとに」で洞口依子さんが演じていた飯森則子のあだ名だ。







あの、「ノリ」こと洞口依子さんは、その後、ガンを患ったという。


そして、夫との過酷なまでの闘病生活が始まった・・・・・・。






子宮ガンが見つかった。


夫と結婚して7年目のことだった。


子宮と卵巣の全摘出手術を受けなければならないという。


夫との間に子供はまだいなかった。




離婚が頭をよぎる。



子供を産めない体になる自分が夫といるべきではない。



洞口依子さんはそう考えていたという。







「愛という名のもとに」


90年代を代表するヒットドラマだ。



主演の鈴木保奈美さんや唐沢寿明さんだけではない。


当時無名だった多くの俳優・女優がこのドラマでブレイクした。




中野英雄さん、ルビーモレノさん、石橋保・・・・・


⇒その後、失踪したルビー・モレノは現在・・・・



洞口依子さんも、このドラマでその名を知られるようになった一人だ。




その後、一気に仕事が増えた洞口依子さん。


私生活でも、NHKのディレクターをしている男性と出会い、結婚(もちろん今の夫)。


まさに順風満帆、のはずだった。






子宮がんの手術は終わった。


しかし、その後、リンパ節への移転が発覚。





これ以上、夫の負担になるわけにはいかない。





洞口依子さんは苦悩のどん底にいた。






しかし・・・・・・





そんな洞口依子さんを、夫は沖縄に連れて行った。


二人でに入り、水平線を眺める二人。


そして、夫はこうつぶやいた。





「ここまで来ちゃったね」






洞口依子さんは夫に支えられて闘病生活を乗り切った。



女優業も復活させている。



最近では、風間トオルさんと共演した『ケータイ発ドラマ 激[ハート]恋…運命のラブストーリー…』が話題を呼んでいる。






女優・洞口依子



これからも、魅力的な演技を見せてくれるに違いない。
o
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

近藤丈司「女の匂いを嗅ぎたくて」サドル200個盗む [事件の真相]

「嗅ぎたかったんです・・・・」






2013年8月24日


横浜市中区に住む無職の男が逮捕された。





男の名前は、近藤丈司 35歳


逮捕の容疑は窃盗




なんと、この近藤丈司


女性が乗っている自転車ばかりを狙い、そのサドルを盗んでいた


それも200個も!!





⇒幼馴染が設楽亮介さんを殺害!





近藤丈司を取り調べている神奈川県警山手署によると


近藤丈司は、犯行の動機について、こう答えているという。





「残っている女性の匂いを嗅ぎたかったんです」




ん~


わからない。





サドルに匂いなんか残っているのか?



仮に残っていたとして、それは良い匂いなのか?



女性だって、臭い人もいるだろう。



綺麗な女性だって、自転車こぎながら屁をこくことだってあるだろう。



そもそも、その自転車オッサンがこいでたかもしれないじゃないか!





あ、だから200個も盗んで、良い匂いだけを厳選して楽しんでいたのか・・・・。







スポンサーリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

奈良県・御所市の曽山浩康が母親・公代さんの死体を遺棄して逮捕!! [事件の真相]

またしても、息子による母親の死体遺棄事件が起こった。



2013年8月13日。


場所は奈良県・御所市の自宅。



無職の曽山浩康36歳が逮捕された。





曽山浩康に死体を遺棄された母親の名前は曽山公代さん。


72歳。




死体遺棄の容疑をかけられた曽山浩康は、公代さんの二男だ。


曽山浩康容疑者と、母の公代さんは、奈良県御所市の自宅で二人暮らしをしていたという。






現在、曽山浩康容疑者は逮捕された後、奈良県警高田署で取り調べを受けている。


曽山浩康容疑者は、母親の死体遺棄の容疑は認めている。




しかし、曽山公代さんが、いつ、そして何故死亡したのかについては、まだ供述していないようだ。


現時点で分かっていることは、曽山公代さんの死亡時期。


8月3日から13日の間に死亡したとみられている。




⇒大岡幸正さんの遺体を娘が発見




8月13日の午後


曽山浩康容疑者と公代さんの自宅近くの住民が、曽山家から激しい異臭がすることを通報。


曽山公代さんの死体遺棄の事実は発覚した。


通報を受けた市職員が曽山家を訪れた際、公代さんの遺体は、寝室の布団の中に遺棄されていたという。





異臭がする以上、曽山公代さんの死亡から、それなりの時間は経過しているはずだ。




曽山浩康容疑者はなぜ、すみやかに死亡届を出さなかったのか。



死亡届を出せない何らかの事情があったのか?



事件の真相解明を期待したい。






スポンサーリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の3件 | -