So-net無料ブログ作成

北本洋二がクレーン車で小学校6年生女子をひき逃げ→死亡 [事件の真相]



またもや、悲しい事件が起こってしまった。




昨日の夕方


2013年8月7日午後5時半ごろの出来事だ。



場所は大阪市淀川区の路上



淀川区に住む11歳の小学校6先生の女子児童が、塾に通うため横断歩道を渡っていた。







その時だ。







巨大なクレーン車が、小6女子を轢いた。







一瞬の出来事だったのだろう。


女の子はよけることすらできなかったようだ。








子供とはいえ、人間を轢いたのだ。


運転手にも、かなりの衝撃が伝わったはずだ。




しかし、クレーン車は、何こともなかったように、そのまま走り去ったという。








このクレーン車を運転していた男。




北本洋二 




59歳の会社員だという。







「女の子が倒れている!」






目撃者は直ちに救急車を呼んだ。



しかし・・・・・・



搬送先の病院で、彼女の死亡が確認された。






巨大なクレーン車に轢かれたのだ。


おそらくは、即死だったのだろう。







事件現場から2キロほど離れた場所で、女児をひき逃げしたクレーン車は発見された。


警察は直ちに、運転者・北本洋二を逮捕。





警察の取り調べに対し、北本洋二容疑者は、こう言ったという。







「何かに乗り上げたような気がした」







あんたみたいな運転手がいたら、横断歩道も渡れないよ。








スポンサーリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。