So-net無料ブログ作成

北本洋二がクレーン車で小学校6年生女子をひき逃げ→死亡 [事件の真相]

またもや、悲しい事件が起こってしまった。




昨日の夕方


2013年8月7日午後5時半ごろの出来事だ。



場所は大阪市淀川区の路上



淀川区に住む11歳の小学校6先生の女子児童が、塾に通うため横断歩道を渡っていた。







その時だ。







巨大なクレーン車が、小6女子を轢いた。







一瞬の出来事だったのだろう。


女の子はよけることすらできなかったようだ。








子供とはいえ、人間を轢いたのだ。


運転手にも、かなりの衝撃が伝わったはずだ。




しかし、クレーン車は、何こともなかったように、そのまま走り去ったという。








このクレーン車を運転していた男。




北本洋二 




59歳の会社員だという。







「女の子が倒れている!」






目撃者は直ちに救急車を呼んだ。



しかし・・・・・・



搬送先の病院で、彼女の死亡が確認された。






巨大なクレーン車に轢かれたのだ。


おそらくは、即死だったのだろう。







事件現場から2キロほど離れた場所で、女児をひき逃げしたクレーン車は発見された。


警察は直ちに、運転者・北本洋二を逮捕。





警察の取り調べに対し、北本洋二容疑者は、こう言ったという。







「何かに乗り上げたような気がした」







あんたみたいな運転手がいたら、横断歩道も渡れないよ。








スポンサーリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

宮松克育が小学校教頭のくせに盗撮→暴行→逮捕 [事件の真相]

とんでもない小学校の教頭先生がいた。



宮松克育 53歳




この男



こともあろうか


神戸電鉄鈴の電車内で、

自分の携帯電話のカメラを使って、女子大生のあそこを盗撮したというのだ。



しかも、それだけではない。




あそこを盗撮されたことに気がついた勇敢な女子大生は、

宮松克育教頭を睨みつけ、

そして、電車の外に逃げる宮松克育教頭を、鈴蘭台西口駅のホームまで追いつめた。





ところが、だ。



追いつめられた宮松克育教頭。



なんと、逆切れして、

追いかけてきた女子大生の体をつかみ、

その体をホームの壁に押し付けたというのだ。



当然、周囲には人がいる。


女子大生の暴行を加えている宮松克育教頭に気がついた、勇敢な公務員の男性がいた。


その勇敢な男性公務員は、すかさず暴行を加えている宮松克育教頭を止めに入ろうとした。





しかし、だ。



ななんと、宮松克育教頭。



この止めに入った勇敢な男性公務員の顔を殴ったのだ。



それも、1発ではない。



なななんと十数回も。


十数回も、正義の公務員の顔を殴ったのだ。




散々、正義の公務員を殴りつけ、気が済んだ宮松克育教頭は、その場から離れた。





だが、ホームの防犯カメラは、宮松克育教頭の姿をしっかり捕らえていた・・・・・・。







逃げ切ったつもりの宮松克育教頭。


あえなく逮捕。





逮捕されたあとの宮松克育容疑者のコメントがいい。






「携帯電話を取られたので奪い返しただけ」






ちなみに、この宮松克育が教頭として勤務していた小学校は神戸市立湊山小学校だ。



嗚呼、かわいそうな神戸市立湊山小学校の生徒達。






スポンサーリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

白川恵司がメールでストーカー [ニュース]

7月に施行されたばかりの新ストーカー規制法



このストーカー規制法の改正で、あらたに「付きまとい行為」が処罰対象として追加された。





そして、今日



この改正ストーカー規制法で初の逮捕者が出たのだ。







逮捕されたのは白川恵司容疑者。


40歳の自称会社員だという。






この白川恵司容疑者。


何をやったのかというと・・・・




メールだ。




白川恵司容疑者。


先月30日から31日にかけて、千葉県在住の20代の女性に23回メールを送ったという。




23回・・・・・・



しつこい。



返信があっての23回なら、まああり得る話ではあるが、

女性が被害届を出しているのだから、おそらくは返信はなし。



返信なしにもかかわらず、23回もメールを送信。




確かに・・・・・・・・・・・しつこい。



「付きまとい行為」に当るといえば、当たるのだろう。





だけど、これって、メールの受信拒否設定をすれば済む話なのでは?




まあ、済まないということで、法規制の対象になったんだろうけど・・・・・。






スポンサーリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。